下田乡
游玩攻略

观鸟

下田乡有多数静谧的森林,森林内有数不尽的丘陵和川流,聚集着多种野鸟,充满魅力。其中最有名的是飞来越冬的大天鹅。除此之外,还能在此观察到其他的候鸟和全年栖息的鸟类。水鸟、啄木鸟、四十雀、拥有美妙歌声的白腹琉璃(Blue & White Flycatcher)、翠鸟、鸢以及游隼等等。而只闻其声不见其身的想必一定是来自越南的季节旅行者——赤翡翠。

悠闲畅游河川的魅影
天鹅之乡公园

新潟県三条市と加茂市にまたがる粟ケ岳の麓、清らかに流れる五十嵐川には、毎年11月下旬から白鳥が飛来します。湖や池ではなく川を泳ぐ姿は全国的に珍しく、表情豊かな鳥たちを写真に納めたりと、バードウォッチングを楽しむ人の姿も多くみられます。公苑内には観察舎があり、室内やデッキからゆっくり眺めて過ごすのもおすすめ。自動販売機やトイレが完備され、安心です。日中は近くの田んぼなどに餌を探しに行ってしまうので、川縁でバードウォッチングを楽しみたい場合は、早朝や夕方の時間帯が良いでしょう。2羽の白鳥が首を重ねてつくるハートは、幸運のシンボルともいわれます。

白鳥の郷公苑
新泻县的指定天然纪念物
在“八木鼻的游隼繁殖地”观鸟

俯冲速度世界第一,动人可爱的眼睛、腹部细条纹为其特征的游隼。虽被认定为一般侯鸟,但在八木鼻全年都有自古以来的游隼栖息。它们在约200米高处的直立石英粗面岩壁筑巢。于江户时代的纪行本内以“苍鹰”之名介绍,当地称之为“八木鹰”,被当作“神之使者”受到尊崇。昭和40年被指定为县天然纪念物,每年6月初旬,会观察到由成鸟父母所养育的幼鸟离巢的样子。

八木鼻のハヤブサ繁殖地

Recommend

View the list